【六白金星の2017年】厄年。暗剣殺。運の悪い年の過ごし方

2017年の六白金星さんの運勢が近年まれに見るほどの大凶です。
困難や苦労の多く、周囲の人からの悪い影響も受けやすく振り回される一年となります。
運が悪い「暗剣殺」の年はどう過ごすべきか?悩むことも多くなる1年となると思いますので是非一読下さい。

■六白金星の基本的性格

おさらいです。自分の基本性格と短所を認識しておきましょう。
roppaku_seikaku

■2017年の運勢は、大凶+暗剣殺+大厄(1976年生まれ)

2017年の六白金星の運勢は「北の運気」となり「停滞運」となります。
何か押さえつけられたように、思うように進まない年。
新しい事をしようとしてもなかなかモチベーションが上げられません。

さらに「暗剣殺」という凶の運勢も重なります。悪いものが重なる珍しい年。

「暗剣殺」は字のごとく、暗闇から他人に刺されるような、自分ではなく周りの影響で悪いことが起こりやすい運気のこと。他人に恨まれるような事も多くなります。人間関係で悩みます。

さらにさらに1976年生まれの男性、1985年生まれの女性は「大厄」です。
体調の管理もしっかりしないと、大変なことになります。

■2017年の過ごし方

14dc5a5bd48172af3a62b0c7e39686e6_s
六白金星の方は上の画像のような1年になります。外に出ても寒いだけです。
「暗剣殺」の影響もあり、外に出たら他人からの悪い誘いもあります。人間関係で悩みます。

「なんでこんなに俺がんばってるのに、思いように進まないの?」が口癖になるかもしれません。
それは仕方がありません。あなた自身のせいではありません。運気が大凶なだけです。

転職、起業、独立、結婚、などはおすすめできません。仕事を変えても
「え!なんで状況良くならないの?」
となります。運気が悪いとは、向かい風の状態と思って下さい。
向かい風の状況で新しいことに挑戦するのは、困難が多くおすすめしません。豪雪の中に建築するようなものです。

「暗剣殺」の年は人間関係で悩むことが多くなります。
あなたが泣いているのなんて、だれも見ていません。

このような真冬の時代は、家の中で2018年の計画を立てるのがよいです。そんな時期があってもいいのです。

2018年からは運気は上昇します。
そのための策略を2017年に練りましょう。

2017年は自分の趣味に没頭し、のんびり過ごすのもありです。
健康診断とか、部屋の掃除、なんかもおすすめ。

新規事業、起業、独立、転職を検討している方は、2018年にした方がよいです。
どうせ2018年から仕事運もよくなり、良い意味で忙しくなるのですから。
2017年はとにかく受け身で耐えて、準備と修行の年にして下さい。

2017年を勉強や自身の知識を蓄える年にすれば、絶対2018年から開運できます!成功できます!
2018年からはしばらく運気は上昇していきます!それは約束されています!
2018年からの運気上昇を見据えて、2017年を受け身と修行と勉強の年にすれば、のちのちは成功します。
焦らず頑張って下さい。