観葉植物を置くと運気が上がる。造花やフェイクグリーンは?

シェアする

20c026c488dd7d0676dcf9917bd97120_s

通常、屋内である部屋やお店には「自然の生気」がありません(外のテラスは別)。「自然の生気」を簡単に部屋に取り入れる方法が「観葉植物」となります。

高級なマンション、売れているお店には必ずといっていいほど、観葉植物の設置にお金をかけています。
観葉植物は人間のイライラやストレスを吸収する効果があります。
人は緑の植物を見ることで、無意識に落ち着きを手に入れることができるからです。

高級ホテルでは人目につくエントランスに観葉植物を必ず設置し、人のストレスを軽減させ、部屋に邪気を発生させないようにします。
これによって少しでもお客様に対し心地よい空間を届けようとするのです。この「心地よい空間」というのが風水には最も大切です。

枯れた植物は運気を下げる

観葉植物も生き物なので手入れが必要です。手を掛けてあげ愛情を注ぐと生気に満ちて生き生きと育ちます。
しかし枯れた植物から「自然の生気」を発生させることができません。
風水に大切な「心地よい空間」を届けることはできません。
もし手入れを怠って植物を枯らしてしまったのでしたら反省し、適切に処分しましょう。
枯れた植物を放置することは絶対にダメです。
枯れた植物は「衰退」「死」を意味し「居心地の悪い空間」となり風水にとって悪い環境になります。

造花やフェイクグリーンは?

よくダイソーなどで売っている、プラスチックでできた偽物の植物があります。あのフェイクグリーンを家に置くのはどうなのか?

フェイクグリーンは良くも悪くもありません。ただのインテリアとなります。

部屋や店のデザインで必要なら置いても良いですが、頑張って本物の植物を置いてください。

ちなみに初心者なら「ポトス」が一番育てやすいです。はじめてみてください。またサボテンは刺激が強すぎる観葉植物なので初心者にはおすすめしません。
ffb213ab7bd3002b5a42dcfd63af859f_s

シェアする