伝票をお客さんの目の見えるところに置いていると、売上が下がる

シェアする

a2b03defcebb29eeba3b5e0a8419bf96_s

実はお客様の「お会計伝票」を置く位置を変えるだけで、売上を大きく変えることができます。飲食店のオーナー様は本記事をご参考下さい。

お金は「涼しい所」「暗い所」が好き。「目立つ場所」が嫌い。

お金の風水の基本です。コレを覚えておいて下さい。

お金は「暗い場所」「涼しい場所」「静かな場所」「暗い場所」が好きです。

逆に「熱い場所」「目立つ場所」「うるさい場所」「明るい場所」に置いてはいけません。

お金は「目立つところ」が嫌いなので、よく財布を裸で手で持ち歩く人がいますが、金運を下げる行動になるので避けましょう。

お店で伝票を置く場所でよくないところ

以下のは悪い例です。もしご自身の店舗が当てはまるようでしたらすぐに改善しましょう。

・冷蔵庫に貼っている。
冷蔵庫は火の属性です。冷やすために熱を発します。こんなところに伝票、お金に関わるものを貼ってはいけません。

・トースター、レンジ、の上
お金を燃やします。お金と火は絶対によくない関係です。お客様の伝票をここには置いてはいけません。

・カウンターのお客様の目の前に伝票を置く
お金は目立たない場所が好きです。さらに目の前に伝票があるとお客様は支払いを気にしながら飲食をし消費が下がります。

お客様にいっぱい消費して欲しいのなら、伝票を置く場所を別に作って、お客様の目の届きにくいところに設置きましょう。

この改善は即効性があります。絶対にお客様の目の前に伝票を置かないこと!

当たり前ですが、ごちゃごちゃ汚いところに伝票を置いてもいけません。優しく静かで目立たないところに、ひっそりと落ち着かせる場所に置いて、飲食を楽しんでもらいましょう。

シェアする