八白土星の2019年2月:大凶。過去の問題は解決していない。焦らず明るい兆しを待つべし(2/4~3/5)

年の運勢が「今後の事を考えよう。強引で強気な王様はアカン。」の八白土星さん。こんにちは。

先月1月(1/6~2/3)は動きは鈍く重かった。地味にぐったり。

さて、2019年2月(2/4~3/5)の運勢。厳密に言うと4日お昼12時頃からの運勢。

八白土星の2019年2月:大凶。難あり停滞。過去の問題は解決していない。焦らず明るい兆しを待つべし(2/4~3/5)

人間悪いことを想像するだけで運勢は悪くなる。実際起こってもない不幸に怯えることほど、無駄なものはない。だから「大凶」なんて書きたくない。が、やっぱり大凶です。結構しんどい。これは厳しい。問題は山積みです。

過去の問題はまだ解決していません。地道に対処していくしかないです。目下、子ども、部下、同僚、不動産関係、引越し関係、の問題もなぜかあなたに降りかかる。とにかく人間関係のストレスが出やすい。こんな状態では仕事にも集中できない。多動的な予定変更も発生しやすい。ここは本当に地道にやって下さい。「なんで私が他人の分の責任までも。。。」と理不尽な事が発生しやすい。愚痴りたい気持ちもわかります。ここは本当にしんどい月になるので、第三者に相談する、友達と食事にいって気持ちを打ち明けて、少しでもスッキリしたほうがよいです。短気を起こしても何の解決にもならない月です。怒ったら負け。

2月(2/4~3/5)は自分の機嫌を取ること、ストレス発散が開運のカギです。こういう時こそ、マッサージとかスパとか行くと良いです。そのためのお金です。

今月、ストレス発散にケチらない方が良いです。だからといって衝動買い、飲み過ぎ、遊びすぎ、はあとから後悔しますので、やけになったストレス発散はやめてくださいね。美容室で髪を切ったり、落ち着く音楽を聴いたり、美味しいお肉を食べたり、そういったプチ贅沢をして、心を緩めましょう。

■八白土星(はっぱくどせい)の人

ユーモアがあるけど、どっしりしてる。妙なところに細かい八白土星さんはコチラ。

生まれ年   2019年の年齢
1938年(昭和13年) 81歳
1947年(昭和22年) 72歳
1956年(昭和31年) 63歳
1965年(昭和40年) 54歳
1974年(昭和49年) 45歳
1983年(昭和58年) 36歳
1992年(平成04年) 27歳
2001年(平成13年) 18歳

※気学は節分が年の区切りです。例えば、1975年生まれで、1月1日~2月3日生まれの人は、1974年生まれの、八白土星の人となります。

■吉方位(2/4~3/5)

201902-2koku-08
北東、南西、は超大凶方位です。この方位に100キロ位上先で、長期宿泊は避けて下さい。どうしても行く場合は、短気宿泊にしましょう。近距離は気にしません。日帰りも気にしません。大丈夫です。

大吉方位は「北」「南」「東」です。「北」「南」は行きも帰りも大吉方位。100キロ以上先の宿泊旅行はおすすめです。

「日の方位」が悪いと、行く途中でぐったりする、ってのはややあります。都合がつくなら、「北」か「南」の出発を避ける日。2019/2/7(木)、2019/2/8(金) 、2019/2/16(土)、2019/2/17(日)、2019/2/25(月)、2019/2/26(火)、

※吉方位旅行は1泊以上、できれば2泊以上で、睡眠をしっかりとって下さい。
3泊以上がよりおすすめです。
※生活圏より離れた距離、100km以上先がおすすめです。
※日帰り、近距離、は良くも悪くも方位の効果は殆どでません。
※綾瀬の父では効果の高い「行きも帰りも吉方位」の吉方位旅行を強く推奨しております。行き帰りが吉方位の月は少ないので、ある月は是非吉方位旅行に行って下さい。その時は2泊以上でより高い吉方位効果を実感できます!
※宿泊先は5000円くらいのビジネスホテルでもなんでも構いません。
※夜更かし、夜遊びは、吉方位旅行の効果を下げます。夜に6時間以上は寝ましょう。
※月の切り替わりの「節入り」に吉方位旅行に行くのは控えましょう。
※2/5~3/1くらいの間に吉方位旅行を実行するのがオススメです。
※2020年2月4日頃までは「北東」「南西」への長距離の長期宿泊は、どの月も避けます。また「北東」「南西」への引っ越しは確実に避けます。引越しの方位の相談はコチラ

>凶方位確認表

↓「綾瀬の父のライン」の友だち追加をお願いします↓
サイトの更新をお伝えします。メッセージも送れて便利
綾瀬の父のライン

↓リピーター様多数。綾瀬の父通話鑑定↓
通話鑑定ボタン01