一白水星の人:2018年6月の運勢と吉方位(6/6~7/6)焦らなくても大丈夫

先月5月はお出かけしたいが強かった。恋愛の話もあった。もしくは友人との交流が盛んだった。6/6からの運勢です。

一白水星の人。今年は仕事の年です。しかし6月はあまり強気になりすぎると、人との衝突が生じてしまいます。食事は腹八分、人間関係6分で満足しろ。です。

 

自分の思う通りに完璧に動く他人なんていません。

 

2018年は大体に進むべき年ですが、6月はあえて抑えてよいです。

 

特に、6月3週目過ぎたあたりから、悩みは増えます。一旦立ち止まって考えるてみては、いかがでしょうか。6月は焦りすぎないように。

恋愛運、恋の話は、特に盛り上がりません。

あまりうまくいかなかったら、じっくり考えてみましょう。

 

7/7をすぎると大吉運勢になりますよ。

■吉方位



201806-1paku-1paku
全員に共通する大凶方位は「北」「南」です。

もし凶方位に、旅行、引っ越した場合は、別の月に吉方位旅行に行き、プラスの運気を回復させて下さい。マイナスの運気はプラスを取って回復できます。

西:安定した金運が得られ、お金の悩み事が減ります。恋愛運も上がり、楽しいことが増えます。喜びが得られる方位です。

北東:よい変化が得られます。今までの自分から脱皮できます。現状打破を狙うには最適な方位です。

南西:家庭、友人、恋愛、運がアップします。仕事は営業力がアップします。みんなとの調和を求めるには最適は方位です。

※「北東」と「南西」は行きも帰りも吉方位です!どちらかの方角に宿泊の旅行に行けば、通常より高い吉方位効果が得られます。

※吉方位旅行は1泊以上で、睡眠をしっかりとって下さい。
※生活圏より離れた距離での宿泊をしてください。最低50km以上がよいです。
※日帰り、近距離、は良くも悪くも方位の効果は殆どでません。
※綾瀬の父では効果の高い「行き帰りが吉方位」の吉方位旅行を推奨しております。行き帰りが吉方位の月は少ないので、ある月は是非吉方位旅行に行って下さい。その時は2泊以上だと更に効果が上がります。
※宿泊先は5000円くらいのビジネスホテルでもなんでも構いません。睡眠が大切です。
※月の切り替わりギリギリの日「節入り」に吉方位旅行に行くのは控えましょう。
※6/8~7/4くらいの間に吉方位旅行をするのがオススメです。

■一白水星の人

忍耐力があり粘り強い。実は独自の思想がある。そしてナイーブな一白水星の人はこちら。

生まれた年
1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)

※気学は節分が年の区切りです。例えば1973年生まれで、1月1日~2月3日生まれの方は、1972年生まれの一白水星の人です。

【一白水星の2018年】転職、仕事運、金運も高い!計画実行の年
2018年、一白...

 

タイトルとURLをコピーしました